« 2006年1月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

13-PodVENTURE!! ポッドベンチャー!!

第十三回目の放送は、

今回は、大津社長の学生時代の話題。
なんと、学生時代の大津社長の夢は、●●●●●!!!
しかしながら夢半ばで断念。その秘密とは.....,.。
乞うご期待!!!

パーソナリティー…山下忍
コメンテーター…(株)アドヴァージュ・アートディレクター・コニシ*カツヂ

MP3版をダウンロード






| | トラックバック (0)

2006年5月29日 (月)

12-PodVENTURE!! ポッドベンチャー!!

PodVenture
ポッドベンチャー第十二回目の放送は、

広告会社「株式会社日宣」大津穰氏をお迎えして
コメンテーターのコニシカツヂとともにインタビューいたします。

株式会社日宣は、昭和22年神戸にて宣伝五洋社として創業。
のちに社名を日本宣伝工業株式会社、
株式会社日宣と進化しつつ、
大阪と東京に支店本店をかまえていきます。
業種も紙媒体の広告から衛星放送やCATVなど多チャンネル放送関連ビジネスに携わり、
いつしかCATV加入者向けの月刊誌「チャンネルガイド」をも自社で発行。
発行部数も出版を専門にしている企業から、
一目おかれる数字を出して他の広告会社とは、
違う新しい形の経営スタイルをつねに開拓されています。

そんな、確かな目で時代を見据えつつ先見性を発揮する大津社長が
広告の歴史について話してくださり、
さらに株式会社日宣が持つ3っの強みを
PodVENTUREをお聞きのみなさまにお話しをしてくださいます。
株式会社日宣が持つ3っの強みとは、、、


次回の放送では、大津社長の学生時代などお聞きしたいと思います。
どうぞ、お楽しみに!!
【パーソナリティー】山下忍、
【コメンテーター】(株)アドヴァージュ  デザイナー  コニシ*カツヂ

-----------------------------------------------------


株式会社日宣
URL: http://www.nissenad.co.jp/

○東京本社
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-12-5 日宣神田ビル
03-3295-8067

○大阪支社
〒536-0011 大阪市城東区放出西1-6-19 日宣城東ビル
06-6961-0661


-----------------------------------------------------

MP3版をダウンロード






| | トラックバック (0)

2006年5月25日 (木)

11-PodVENTURE!! ポッドベンチャー!!

PodVenture
ポッドベンチャー第十一回目の放送は、
スペース・ジェイ株式会社 平尾謙二氏からこれからの展望、
そして起業する方へのお話しなどを
コニシカツヂとともにインタビューいたします。

いま、平尾社長は日本国内だけでなく
海外、中国へとオフィスデザインのアプローチをしています。

そして、前回の放送でも触れたように平尾社長は日本とか外国とかではなく、
いい意味で文化の垣根を越えた「スペースジェイ」オリジナルなオフイススタイルを打ち出し、
またそれを現場で使われるお客様の視点でよりオフィスとして
効率的にそしてそこで快適に過ごせるようにということを
いっしょに考えていきたいと会社として大事にしていきたいことを話されていました。

これから起業する方へのメッセージとしては、
いくつかのキーワードをいただきました。
まずは、「ブレイジクアイス」氷を打ち破るように新しいことを切り開いていく、
これは平尾社長が毎回、毎回が同じ仕事にならないように
自らつねに新しい物や過去から脱却した考えを探求していく気持ちを忘れるな
というまさに起業するうえでつねに開拓者であれというお言葉もいくつかいただきました。

もちろん、いままで聞かせていただいたお話しの中で
自分の抱えるスタッフのパーソナルを大事にしつつ、
つねに新しい物を創り出して行く。これも起業家として大事なこと、
しかしそこで自分の理想とすることにだけに囚われず
スタッフみんなでお客様からHappyな気持ちをいただける。
そんな仕事をいっしょにやり続けたいと平尾社長のお気持ちが伝わってくるお話しでした。

今回の放送で、平尾社長のインタビューは最終回を迎えてしまいましたが
とても貴重なお話しをありがとうございました。
PodVENTUREスタッフ一同、「スペースジェイ」がますますのご発展を心より願い、
また平尾社長にお会いできるのを楽しみにしております。

次回の放送より、また新しいゲストを迎え
素敵なお話しをお聞きしたいと思いますのでお楽しみに。

【パーソナリティー】山下忍、
【 コメンテーター】株式会社アドヴァージュ カメラマン コニシ*カツヂ


-----------------------------------------------------


スペースジェイ株式会社 1級建築士事務所
URL:http://www.space-japan.com/
住所:〒101-0062 東京都千代田区外神田2-7-1 開花ビル5階
Tel:03-3252-2798 Fax:03-3252-2731

お問合せ:info@space-japan.com

SPACE アメリカ本社
http://www.thinkspace.biz/

-----------------------------------------------------
MP3版をダウンロード






| | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

10-PodVENTURE!! ポッドベンチャー!!

PodVenture
ポッドベンチャー第十回目の放送は、
オフィス・インテリアデザイン事務所「スペース・ジェイ」株式会社 
平尾謙二氏が社長になられてからのお話しを
山下忍及びコニシカツヂとともにインタビューします。

東京でビジネス展開。
今までお仕事をされていた場所が関西、アメリカと来て、いきなり東京でオフィス・インテリアデザイン事務所を立ち上げ、お客様も社長自らが動き、お客様を開拓していきます。

そして、数々のお仕事をこなし確実に業績も伸びてゆく”スペースジェイ”。
またオフィス・インテリアデザインのビジネスとして、
お聞きするまで考えたことも無かったのですがお仕事のリピーター率がなんと8割もあるそうです。
普通、オフィスのデザインといえば開業時やオフィスの移転時だけの依頼だけで
つねに新規開拓をしていくかのように考えていたのですが
オフィス・インテリアデザインという分野はされだけでは無いようです。

もちろん、インタビューをお聞きして分かるようにお話しもうまく、
人当たりもいい平尾社長にお客様が惚れ込んでいることも当然あるでしょうが
平尾社長と”スペースジェイ”のスタッフが
「海外勤務と日本のビジネススタイルをうまくコーディネイトして新しいスタイルを」、
「オフィスという器だけでなくそこで働く人々を考えた。
インサイドアウトというスタイルを」という一貫したポリシーを持ち続けてお仕事をされているからこそ、
その場限りの一回だけ発注という形ではなく、
「また、あそこに仕事を頼みたい。」、「出来ることなら一緒に仕事をしていきたい。」
というお客様の気持ちを生み出しているのではないでしょうか。
ここに起業して、自分の抱えるスタッフにも自分の気持ちを理解してもらい、
そこからビジネスが大きくなるといういい例ではないかと感じてしまいます。


次回の放送で、平尾社長のインタビューも最終回を迎えてしまいます。
次回も平尾社長ならではのお話しをお聞きしますのでリスナーのみなさまもお楽しみに。

【パーソナリティー】山下忍、
【 コメンテーター】株式会社アドヴァージュ カメラマン コニシ*カツヂ

MP3版をダウンロード






| | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

09-PodVENTURE!! ポッドベンチャー!!

PodVenture
ポッドベンチャー第九回目の放送は、
パーソナリティー山下忍、
引き続きオフィス・インテリアデザイン事務所「スペース・ジェイ」株式会社平尾謙二氏がアメリカ・シカゴから帰国してからのお話しをお聞きしたいと思います。

アメリカから帰国した平尾社長は、
そこで日本と海外の設計スタイルの違いを痛感しつつ、
「両方のいいところ、直すべきところをリアルに体験した自分ならではの活かせるスタイルを作り出したい。」
そんな思いは、ある会社のデザインコンペにてデザインを提案をしたところ、
見事コンペを勝ち取り、平尾社長の考え、
スタイルがこれからの物として必要とされていることが証明されました。

平尾社長は、拒絶する場面にあっても、
いろいろな面でお互いを認め合い、
そしてそれを納得いく方法で、具現化してビジネスにする。
もちろん、かかわったみんなの一緒に創り上げたいというモチベーションも保つことが出来るように配慮する。
当たり前かもしれませんが自分がいままで体験したこと、
考えてきたこと自分が描く理想のビジネススタイルを確立する。
そんなお話しが今回のインタビューで教えていただくことが出来ました。
平尾社長のお言葉、みなさんはどう受け止められますか。

次回の放送では、
平尾社長が起業してからのお話しをお聞きしたいと思いますので
リスナーのみなさまも楽しみにお待ちください。

【パーソナリティー】山下忍、
【 コメンテーター】株式会社アドヴァージュ 代表取締役 コニシ*カツヂ



MP3版をダウンロード






| | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

08-PodVENTURE!! ポッドベンチャー!!

PodVenture
ポッドベンチャー第八回目の放送は、
引き続きオフィス・インテリアデザイン事務所「スペース・ジェイ」株式会社
平尾謙二氏の学生時代などのお話しをお聞きしたいと思います。

平尾社長は、工業デザインを勉強するために美大に進み
いまの仕事の基礎をつくっていきます。
そして大学で勉強する間に自分の進むべきデザインワークとワークスタイルを切り開いていきます。
それは、ただ言われた物をデザインするだけでは無く、
相手(クライアント)の要望、意見を聞きつつ自分の持つ個性、
それを納得させるスキルを持って話しあいたい、ダイレクトに相手から声を聞きたい、
お互いがより納得出来る仕事を造りあげたい。
そんな熱い思いを抱きつつ、
卒業後はインテリアデザイン事務所に就職、
そしてアメリカのシカゴに出張となります。
そこではまた日本と違ったワークスタイルが、、、

平尾社長は学生のときにずっとこれをやり続けたいと思い勉強をしていましたが、
でも、ただ言われた仕事をするだけではなく
自分のスタイルや個性を活かせつつ納得が出来るよりいい仕事がしたい。
学生のときから自分を見直して、己を確立。
それは普通の人ならばただのワガママで終わってしまうのかもしれませんが
二回インタビューを聞いて平尾社長の人柄を感じてみると
相手を思って自分も出していく。
ここに夢を持って起業するスタイルの基本が感じられますね。

次回の放送では、
海外から帰国したお話しを平尾社長からお聞きしたいと思いますので
リスナーのみなさまも楽しみにお待ちください。


【パーソナリティー】山下忍、
【 コメンテーター 】株式会社アドヴァージュ 代表取締役 コニシ*カツヂ


MP3版をダウンロード






| | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

07-PodVENTURE!! ポッドベンチャー!!

PodVenture
ポッドベンチャー第七回目の放送は、
オフィス・インテリアデザイン事務所「スペース・ジェイ」株式会社 平尾謙二氏から、
起業までの経緯や起業から学んだ事、
これからの目標などをうかがいながら成功した起業家としてのお話しをお聞きします。

平尾社長率いるスペース・ジェイ株式会社は、
オフィスビルの選定からワークスタイルのコンサルティング業務やデザイン・施行。
そのオフィスで働く人のためのオフィス環境を実現するソリューションカンパニーです。

他のオフィス・インテリアデザイン事務所さんとの違いは、
主として「中から外へ=インサイドアウト」としたワークスタイルを基本に考ていらっしゃるということでした。
「インサイドアウト」、それは街をつくり、
そこに建物が建ち人が集まるという土地開発的な手法とは異なり、
まずは、「そのオフィスで働く人々を」基本とする思想。
快適かつ効率よく働ける環境を作り出すという、
いまの時代にマッチしたお仕事をされているということでした。

今までの企業スタイルを理解し、
そしてこれからのグローバルスタイルとしてオフィス、
またそこで働く人たちにも快適に気持ちよくいい仕事をしていただき、
その会社とそこで働く人々に大きく成長してもらいたい。
そんな、お手伝いがしたいという平尾社長の気持ちがこのインタビューで伝わってきます。

次回の放送では、平尾社長の学生時代などお聞きしたいと思います。
リスナーのみなさまも楽しみにお待ちください。


【パーソナリティー】山下忍、
【コメンテーター】(株)アドヴァージュ代表取締役コニシ*カツヂ

-------------------------------------------------------------------------


スペースジェイ株式会社 1級建築士事務所
URL: http://www.space-japan.com/
住所:〒101-0062 東京都千代田区外神田2-7-1 開花ビル5階
Tel:03-3252-2798 Fax:03-3252-2731

お問合せ:info@space-japan.com

------------------------------------------------------------------------


MP3版をダウンロード






| | トラックバック (1)

2006年5月14日 (日)

ポッドキャスト(ポッドキャスティング)とは

ポッドキャスト(Podcast)とは、「携帯音楽プレーヤー(iPodなど)」にむけた「放送(Broadcast)」です。

iPodに直接配信されるわけではなく、iTunes(アイチューンズ)に番組を登録すると、自動的に更新情報をチェック、iTunesにダウンロード、iPodが繋がると自動的に転送してくれる。あたかもiPodに直接配信されるような便利さを実現したのがポッドキャストです。

ラジオやテレビなど通常のリアルタイムの放送とは違い、コンテンツを選んで、好きなときに好きな場所で聴けます。もちろん、iTunes+iPodという組み合わせがあるとベターなのですが、他のプレイヤーなどでも視聴することも可能です。それがポッドキャストの面白さであり、気軽さですね。


なお、iTunesから番組名「podventure」とポッドキャストの検索をすると、「PodVENTURE」が表示され「登録」をクリックすると自動的にiTunesに登録されます。

-----------------------------------------------------------------

すでにiTunesをお持ちのリスナーの方は、
下の画像をクリックしてください。
(通信環境、マシンのスペックなどにより表示されるまで時間がかかる場合がございます。)

Podbentur








これからiTunesをお持ちになるリスナーの方は、
こちらをクリックしてください。

Downloadnow20051012







| | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年6月 »